保護者の方へ(ブックスタート等)

トップ > 保護者の方へ(ブックスタート等)

おはなしで育つ心 〜子育てに絵本を!〜

赤ちゃんに絵本?

赤ちゃんと絵本を

0歳の赤ちゃんに絵本を楽しむことができると思いますか? 答えは「もちろん!」
とはいっても、まだまだ絵本とおもちゃの区別はつきません。最初は絵本をめくるだけでもいいのです。
親子のふれあいを楽しみながら、一緒に絵本をのぞいてみましょう。
絵のはっきりした、くりかえしの楽しい絵本からはじめてみましょう。



ひろがる絵本の世界

3歳になると、ストーリーのある絵本も楽しめるようになります。
物語の展開をある程度予測したり期待したりしながら聞けるようになり、楽しめる絵本の幅が一気に広がるのです。
たくさん読んであげるのは大変ですが、新しい絵本との出会いを子どもと一緒に楽しめる貴重な時期でもあります。
このころ読んでもらった絵本や読んでもらった時の幸福感は、一生忘れられない大切な思い出として心に残ります。
どうぞ親子でたっぷり絵本を読んでくださいね。



おはなしの楽しみ

"おはなし"というのは、ひとつのおはなし全部を頭に入れて自分のものとし、それを子どもたちに語ることです。
絵本と違い耳からの情報だけが頼りですから、聞き手の集中力はぐっと高まります。
頭の中で場面を創造しながらおはなしに聴き入る子どもたちの目は、おはなしをする人を通り越して
おはなしの世界に注がれます。子どもたちは、主人公になりきってドキドキ、ワクワク。語り手と共感しながら楽しむのです。

ページの先頭へ



ブックスタート

すべての赤ちゃんに絵本を!(平成23年8月17日スタート!)

ブックスタートは、すべての赤ちゃんのまわりで楽しくあたたかいひとときが持たれることを願い、
一人ひとりの赤ちゃんに、絵本を開く楽しい体験といっしょに、絵本を手渡す活動です。
宝塚市に生まれたすべての赤ちゃんを対象に、宝塚市の事業として4か月児健診で実施します。
図書館、健康センター、ボランティアが協力して行います。
赤ちゃんが絵本を楽しめるようになったとき、最初の1冊として活用していただければ幸いです。
なお、4か月児健診を受診できなかった方には、中央図書館・西図書館でブックスタートを行います。
(健康センターでも本を受け取ることが出来ます)1歳6か月のお誕生日までにお受取ください。

 

ページの先頭へ



図書館行事にご参加ください!

あかちゃんといっしょに

 ○ えほんであそぼ(10ヶ月から2歳まで) 中央図書館
 ○ みんなであそぼ!ぷち (1歳から2歳まで) 西図書館
 ○ 2さいからのみんなであそぼ! (2歳から3歳まで) 西図書館

少し大きくなったら

 ○ おはなし会(ちいさいこむき):3歳から2年生ぐらいまで 中央・西図書館
 ○ おはなし会(おおきいこむき):小学生から 中央・西図書館
 ○ かみしばい:3歳から 中央図書館
 ○ えほんのへや:どなたでも 西図書館

行事について詳しくは、中央図書館行事案内西図書館行事案内をごらんください。

ページの先頭へ



絵本選びに迷ったら

いい絵本はないかなと思ったら、はじめてであうえほんコーナー、おすすめ絵本コーナーなどをまずチェックしましょう。
そして、本の選び方がわからないときや探している絵本がみつからないときは、図書館員にお気軽におたずねください。



ボランティア紹介

ストーリーテリングのボランティア・グループ「ひばの木」

「ひばの木」は、昭和59年より中央図書館を中心に積極的に活動を続けているグループです。  
中央図書館で毎週行われる「おはなし会」では、メンバーによるいろいろなお話を楽しむことができます。
滑稽な話、ちょっと怖い話、わくわくする話、美しい話…。一度でもおはなし会に参加したら、豊かなおはなしの世界に
驚かれることでしょう。
 「ひばの木」は、メンバーを常時募集しています。
気さくな雰囲気のグループですので、初心者の方も安心してご参加ください。見学だけでも大歓迎です!


ストーリーテリングのボランティア・グループ 「おはなしぞうさん」

「おはなしぞうさん」は、西図書館を中心に活動しているグループです。
西図書館で毎週行われる「おはなし会」では、照明を落とし、暖かいランプの明かりの中でお話を楽しむことができます。
「おはなしのへや」の扉の中は、おはなしの世界。一度見学してみませんか?
 「おはなしぞうさん」には、毎年西図書館で行われている「ストーリーテリング・ボランティア養成講座」を受講した方のみ
入会できます。詳しくは、西図書館までお問い合わせ下さい。


絵本の読み聞かせのボランティア・グループ 「ぱたぽん」

「ぱたぽん」は、「絵本の読み聞かせボランティア養成講座」の受講生によって結成されたグループです。
平成21年度の講座終了後より勉強を続けてきました。今も「絵本を読む喜びを分かち合う」ことを目指して、
講座の内容を復習しながら基本的なことをじっくり学びあっています。また、年に数回「絵本の庭」を開催し、
図書館で子どもたちに絵本を読み聞かせています。
「ぱたぽん」には、中央図書館で行われている「「絵本の読み聞かせボランティア養成講座」を受講した方のみ入会できますので、 中央図書館までお問い合わせください。

ブックスタートボランティア・グループ 「たんぽぽ」

「たんぽぽ」は、宝塚市の4か月児健診を受診される赤ちゃんと保護者の方に親子で絵本を開く楽しい体験とともに、絵本を手渡す活動を行っています。月に2回健康センターで行われる4か月児健診に交代で担当しています。定期的に連絡会も行っています。

赤ちゃんが絵本の目で見せてくれる表情はなんともかわいらしく、あたたかいひとときです。赤ちゃんの好きな方、絵本が好きな方、この活動に興味のある方は、まず、中央図書館にお問い合わせください。