• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色変更
  • 標準

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせ

「認知症にやさしい図書館」を目指して

市立図書館では、たとえ認知症になったとしても、ご本人もご家族も、安心してご利用いただける図書館であること、「認知症にやさしい図書館」を目指しています。
10月から、中央図書館と西図書館の貸出・返却カウンターの職員全員が認知症サポーターとして、ご利用の皆さんに応対させていただきます。 認知症サポーターは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して、それぞれができる範囲での手助けを行います。
認知症に対して読書がもたらす効果については、様々な形で公表されており、認知症を理由に図書館利用の道が閉ざされるようなことがないように、以下のような取組を進めていきます。

(1) 窓口職員は全員「認知症サポーター」として、認知症に対する正しい知識と理解を持って接します。
(2) 地域包括支援センターと連携することにより、家族も含めて「困っている人」の相談に応じ、必要であれば地域包括支援センターとの橋渡しをします。
(3) 申し出があった方には、図書館内で誰が応対してもわかるようにしておき、ご家族と連絡をとるなど、ご本人にもご家族にも安心して利用してもらえるような体制をとります。
(4) 11月から、「認知症を理解するために」と題して、様々な認知症に関する啓発イベント、及び認知症の方にも参加いただけるイベントを実施します。

認知症サポーターとは
認知症サポーターは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けをします。国では、「認知症サポーター」を全国で養成し、 認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます。
認知症サポーター養成講座は、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小、中、高等学校の生徒など様々な方に受講いただいています。

エイジフレンドリー・シティ宝塚 認知症を理解するために
11月から、「認知症を理解するために」と題して、認知症に関する啓発イベントと認知症の方にも参加いただけるイベントを、中央図書館で順次に開催します。

第1回 映画で知る認知症 (1)  11月3日(日曜日) 13:30~16:00
『ペコロスの母に会いに行く』上映会
・簡単な劇中のエピソードについてのお話、参加者による意見交換会
・認知症サポーターと養成講座の紹介(どういうものか)

第2回 映画で知る認知症 (2)  11月9日(土曜日) 13:30~16:00
『わが母の記』上映会
・簡単な劇中のエピソードについてのお話、参加者による意見交換会
・認知症サポーターと養成講座の紹介(どういうものか)

第3回 市民のための認知症サポーター養成講座(90分) 11月16日(土曜日) 13:30~15:30
「認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して、できる範囲で手助けする」認知症サポーターの養成講座。

第4回 「たからづか思い出カフェ」 12月2日(月曜日) 13:30~15:00
・宝塚の昔なつかしい写真を見ながら、それにまつわる思い出を話し合うカフェ。
・なつかしい物や写真、映像を見て思い出を語り合う回想法は、脳を活性化し情緒を安定させ、長く続けることで認知症の進行予防やうつ状態の改善につながる可能性があるといわれています。 今回は昔懐かしい「もの」や、図書館のマチ文庫(特に昔の宝塚を扱ったもの)を題材に昔を回想します。

第5回 「認知症ってな~に?」 子どものためのエイジフレンドリー講座
          12月7日(土曜日) 13:30~14:30(出入自由)
・紙芝居やおはなしで認知症について学びます。(児童室)
・子どものための「認知症サポーター養成講座」も今後、予定しています。

※ 第1回~第4回は 中央図書館集会室、第5回のみ児童室
※ 各回とも認知症に関する本を集めて展示、貸出も行います。

『市史研究紀要たからづか』第29号頒布のお知らせ

『市史研究紀要たからづか』第29号を1冊900円で頒布します。
内容:「宝塚の地名~土地の歴史の痕跡~」渋谷武弘(神戸史学会委員)
   「富岡鉄斎筆《富士山図》屏風の制作背景」柏木知子(清荒神清澄寺 鉄斎美術館主任学芸員)
   「川面村安場村入組絵図」喜多祐子(宝塚市文化財審議会委員)
   「宝塚市特別名誉市民 木接太夫・坂上頼泰公」野里元治(元宝塚市山本綜合園芸組合 組合長)
   〔史料紹介〕「蔵人村の近世史料」大国正美(神戸深江生活文化史料館館長)
頒布場所:中央図書館・西図書館(休館日を除く)
     宝塚市役所教育委員会社会教育課(土曜・日曜・祝日を除く)
     宝塚駅前サービスステーション(日曜・祝日を除く)
     郵送可(1冊に付き送料180円)
問い合わせは、中央図書館市史資料室担当まで(平日午前10時~午後5時)
     電話:0797-85-0648
     FAX :0797-81-0598

貸出冊数を15冊に増冊しました!

ご好評につき、昨年の読書週間以降、貸出制限冊数を15冊に増冊していましたが、
今回、規則の改正を行い、正式に15冊貸出を開始しています。
みなさまには、これまで以上に多くの本を借りていただきますよう、よろしくお願いいたします。
※CDは、通常通り10点までです。
※中央図書館の音楽CDも貸出できるようになりました。
どうぞご利用ください。

FeliCa(ICOCA・PiTaPaなど)を図書館利用券に!

FeliCa対応ICカード(ICOCA、PiTaPa、WAON、nanacoなど)を窓口で登録すると、貸出時に図書館の利用券の代わりに使うことができます。
☆ご本人が来館の上、窓口でお申し込みください。
☆図書館利用券・本人確認のできるもの(運転免許証・健康保険証など)・登録するFeliCa対応ICカードが必要です。
☆利用者1人につき、登録できるFeliCaは1つのみです。
☆FeliCa対応カードを図書館利用券としてお使いいただけるのは中央図書館、西図書館、中山台分室、山本南分室です。移動図書館すみれ号ではお使いいただけませんのでご注意ください。

中学生以下の子どもを対象に『読書手帖』を配布しています!

読んだ本の記録を手帖のかたちで残してみませんか。
図書館オリジナル『読書手帖』を中学生以下の子どもに配布しています。
この『読書手帖』はA6版16ページの手のひらサイズで、書名、著者名、☆5つの評価などを記録でき、1冊で合計80冊分の記録を残せます。
手書きで記録するほかに、図書館の利用者用検索機で印字した貸出本情報のシールを貼ることもできます。
対象:赤ちゃんから中学生以下の利用登録をされている方(利用券を作っている方)
配布場所:中央図書館、西図書館、中山台分室、山本南分室、移動図書館すみれ号
ご希望の方は、利用券をお持ちいただいて窓口でお申し出ください。(利用券は必ず必要です。)
利用券をお持ちでない方はこの機会に利用券をお作りください。
また、シール印字にはパスワードが必要です。
パスワードの登録はこのホームページと館内の利用者用検索機でできます。
移動図書館すみれ号ではシール印字はできません。

宝塚市子どもの読書活動推進計画(第3期)を策定しました!

平成14年に国が策定した「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」を受け、宝塚市でも「宝塚市子どもの読書活動推進計画」(期間:平成20年度~24年度)及び「宝塚市子どもの読書活動推進計画(第2期)」(期間:平成25年度~29年度)を策定し、子どもの読書に関わる各部署が協力して子どもの読書環境を整える様々な取組を行ってきました。
この計画の成果と課題を踏まえ、引き続き宝塚市の子どもたちの読書活動を推進するため、平成30年(2018年)10月、「宝塚市子どもの読書活動推進計画(第3期)」(期間:平成30年度~34年度〈2022年度〉)を策定しました。

検索時と「ログイン」「予約カート」「お気に入り」の注意点について

《検索時の表紙画像表示について》
資料検索の際に、表紙画像を表示できるようになりました。(一部を除く)
表紙画像はAmazon(アマゾン)から提供されているため「Amazon」のボタンが表示されています。 「Amazon」のボタンをクリックするとAmazonのホームページにリンクし、図書館とは違うページになりますので、 ご利用の際はご注意ください。リンク先のご利用につきましては、個々のご判断でお願いいたします。

《ログインがうまくできない場合について》
以前のシステムではパスワードの大文字と小文字を区別していませんでしたが、新しいシステムでは区別するようになりました。パスワードの大文字・小文字をご確認いただいて正確に入力してください。 うまくいかない場合はパスワードを再発行してください。

《予約カートについて》
新しいシステムでは「予約カート」は、予約するためにその候補を一時的に入れるものなりました。
カートにはその時に予約したいもののみ入れてください。「予約カート」はブラウザを閉じるとすべてクリアされますのでご注意ください。
後から別の機会に予約したいものは下記の「お気に入り」に入れておいて、予約したいときにカートに入れなおしてから予約にしてください。
「お気に入り」は検索したものを長期に保存できます。
ただし「お気に入り」のものをカートに入れて予約しても自動的にはなくなりませんので、不要なものはご自分で削除してください。
予約と予約カートの合計が10件を超えた場合は注意メッセージが表示されますので超過分を取消してから予約に進んでください。
検索結果一覧では番号を選択して「予約カート」に入れることができます。複数をまとめて選ぶこともできます。

《お気に入りについて》
「お気に入り」に入れるには検索結果一覧の各タイトルをクリックして詳細情報を出し、「お気に入りに入れる」ボタンをクリックしてください。
お気に入りを確認するするには利用者照会(利用者ポータル)の「お気に入り一覧」を選びます。

メール登録がうまくできない場合について

《メール登録がうまくできない場合について》
迷惑メール対策などのためにメール登録ができない場合は下記のメールアドレスを設定で受信可能にしてください。


連絡用メール(送信専用): 
                                                            

先頭に戻る