中央図書館

中央図書館紹介

宝塚市立中央図書館外観阪急清荒神駅を降りてすぐ、ベガ・ホールのお隣のレンガ色の建物が中央図書館です。
1階は壁面がガラス張りになっており、天井が高いため明るく開放的な雰囲気です。 ガラス越しに、阪急電車や中庭の植物の四季の移り変わりなどもお楽しみいただけます。
1階の書棚は一般書、児童室(児童書)、文庫本、大きな活字の本、ティーンズ向けの本、雑誌コーナーなどに分かれています。 玄関を入ってすぐの本の展示コーナーでは、旬の話題やさまざまなテーマの本を集めていますので、お立ち寄りの際は毎回ぜひご注目ください。
また、美術や宝塚歌劇関係の資料を揃えた聖光文庫、新聞・郷土資料や調べものの本を揃えた調査相談室も ございます。
調べもののご相談もお受けしています。また、こちらではインターネットを 利用していただける席もご用意しています。
2階には集会室、研修室、DVD・CD等をお楽しみいただける視聴覚室、閲覧室があります。
閲覧室ではご自身の持ち込み資料もご利用いただけます。
集会室では、おはなし会や上映会、レコードコンサート等の行事を、研修室では研究会などを随時おこなっています。
日程は行事カレンダー、もしくは毎月の図書館だより、広報等でごらんください。
皆様のお越しを、職員一同お待ちしております。

    宝塚市立中央図書館閲覧席    宝塚市立中央図書館展示コーナー

ページの先頭へ

開館時間と休館日

一般開架室  10:00〜18:00
    ※ただし、第2金曜日を除く金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
児童開架室  10:00〜18:00(幼児・児童のみの利用は17:00まで)
    ※ただし、第2金曜日を除く金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
  聖光文庫  10:00〜17:00
調査相談室  10:00〜17:45
  視聴覚室   月〜土曜日 13:00〜17:00/日曜日 10:00〜17:00
閲覧室(2階)  10:00〜17:45
     ※ただし、第2金曜日を除く金曜日と7・8月の土曜日は18:45まで開室

   休館日:毎週水曜日
        毎月第2金曜日(館内整理日)
        年末年始(12月29日〜1月3日)
        特別整理期間(2月〜3月の内の約2週間)

 そのほかにも、臨時で休館することがあります。詳しくは、図書館カレンダーをごらんください。

ページの先頭へ

所在地・電話番号・地図

〒665−0836
 宝塚市清荒神1丁目2番18号 阪急「清荒神」駅南口下車すぐ
 TEL:0797−84−6121

◆駐車場
 第1駐車場(中央図書館南側)10台/第2駐車場(ミニコープ駐車場の南側)13台
 詳しい場所等はこちら(PDF:421KB)

地図

Googleマップ

ページの先頭へ

館内のご案内

一般開架室

宝塚市立中央図書館開架
中学生以上を対象とした教養書・実用書・小説等の閲覧と貸出をしています。

●調査相談室
新聞、百科事典・辞書・年鑑などの参考図書や郷土についての資料、行政資料を備えています。
日常生活での知りたいことや調べたいことにお役立てください。
職員も、調べもののお手伝いをいたします。お気軽にお尋ねください。
(注・この部屋の資料の貸出はできません)
また、当図書館の図書の閲覧・コピーにもご利用ください。

●視聴覚室
当館に所蔵の映像・音楽資料を視聴できます。(注・資料の持込・貸出はできません)
LD・ビデオテープ・DVD・CD・カセットテープ・レコードを置いています。
クラシック等の音楽CD、洋画・邦画・アニメ等をお楽しみいただけます。

●点字・録音資料室
視覚に障がいをお持ちの方に朗読を行っています(図書館の本以外でも可能です)
ご希望の方は、事前に図書館までお問い合わせください。
詳しくは図書館の利用に障がいをお持ちの方へのサービスページをごらんください。

●閲覧室
当図書館の図書だけでなく、ご自身の持ってこられた資料なども読んでいただけます。
(注:パソコン等電気機器の持ち込みはできません)

●研修室
短歌や古文書等の研究会・例会を定期的に行っています。
日程・内容は行事カレンダー、もしくは毎月の図書館だよりでごらんください。

●集会室
おはなし会、上映会、レコードコンサート等の行事を定期的に行っています。
日程・内容は行事カレンダー、もしくは毎月の図書館だより、
広報等でごらんください。

児童開架室

幼児・小学生の知識の本・絵本・読み物・紙芝居等の閲覧と貸出をしています。
お子さん向けの小さな椅子やテーブルで、ゆっくり絵本などを読んでいただけます。


    宝塚市立中央図書館児童室    宝塚市立中央図書館児童室・絵本

ページの先頭へ

聖光文庫のご案内

聖光文庫とは

聖光文庫写真 聖光文庫は、清荒神清澄寺の御厚意により、鉄斎美術館の入館料によって購入された美術関係資料の御寄贈を受けて設立されました。
この部屋はおもに美術史・絵画・書跡・彫刻・工芸等に関する資料を一室に収集保管し、宝塚歌劇関係の資料も備えています。
聖光文庫の資料も検索画面から検索できます。(注・この部屋の資料の貸出はできません)
また、展示コーナーでは複製ではありますが、国宝・重要文化財級の軸物・巻物等を四季おりおりに展示しております。
「美術の宝庫」聖光文庫に是非一度お立ち寄り下さい。入場・閲覧は無料です。

開室時間:午前10時〜午後5時

「聖光文庫文化講座」についてはこちらをご覧ください。

中央図書館「図書館だより」

中央図書館「図書館だより」は、中央図書館の催しや移動図書館すみれ号の巡回予定、中山台分室と山本南分室の行事などを紹介しています。各図書館のほか、市内の公共施設でも配布しています。