弥生時代

この時代は、売布神社境内から銅鏃、旧清(もときよし)遺跡から土器、
仁川旭ガ丘から土器と石器、中山荘園から2個の銅鐸などが出土しています。
その中でも中山荘園から出土した銅鐸は、
同一の鋳型からつくられたことがわかっています。

−写真はクリックすると拡大できます−
中山出土の銅鐸(1号鐸)

1号銅鐸
銅鐸出土状態の推定図

銅鐸出土状態の推定図