旧東家住宅(宝恷s立歴史民俗資料館)

昭和49年、宝恷s大原野字小林にあった東(ひがし)正雄邸を寄贈して
いただき、現在の宝恷s立宝恷ゥ然の家内に移築し、歴史民俗資料館として、
昭和51年10月に開館しました。
建築様式から江戸時代中頃に建築されたと推定され、この地方の三間取り
妻入り農家の典型的なものとして、昭和53年に兵庫県指定重要有形民俗
文化財に指定されました。


            −写真はクリックすると拡大できます−
旧東家住宅外観旧東家内部旧東家内部

(所在地)

  • 宝恷s大原野字松尾1番地宝恷s立宝恷ゥ然の家内

(開館時間)

  • 10時から16時

(休館日)

  • 毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
    年末年始・館内整理日
    ※詳しくは、社会教育課までお問合わせください。
    TEL 0797−77−2029

小浜宿資料館

平成6年9月、小浜で代々医師をしていた山中家の敷地の一部に建設し、
開館しました。
小浜地域は、毫摂寺の寺内町として発展し、江戸時代には有馬街道・西宮
街道・京伏見街道の合流地となり、宿場町として栄え、大工の町としても
知られていました。
小浜宿資料館では、地域に残されているさまざまな資料を紹介しています。

            −写真はクリックすると拡大できます−
小浜宿資料館大工鑑札大工、左官小浜組旗

(所在地)

  • 宝恷s小浜5丁目6番9号

(開館時間)

  • 10時から16時

(休館日)

  • 毎週月曜日・年末年始・館内整理日
    ※詳しくは、社会教育課までお問合わせください。
    TEL 0797−77−2029

旧和田家住宅(宝恷s立歴史民俗資料館)

平成8年4月に宝恷s指定有形文化財に指定された和田家住宅は、江戸時代
中頃までに建築されたと推定され、市内で最古の民家と考えられています。
和田家は、代々米谷村(飯野藩領)の庄屋をつとめたことから多くの古文書も
所蔵し、住宅とともに周辺地域の歴史を探るうえで重要となっています。
和田家の家屋と土蔵は、平成8年11月に所蔵者和田正宣氏から市へ寄贈され
家屋は平成11年7月から歴史民俗資料館旧和田家住宅として公開しています。

            −写真はクリックすると拡大できます−
       
旧和田家住宅座 敷土 蔵

(所在地)

  • 宝恷s米谷1丁目8番25号

(開館時間)

  • 10時から16時

(休館日)

  • 毎週月曜日・年末年始・館内整理日
    ※詳しくは、社会教育課までお問合わせください。
    TEL 0797−77−2029