• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色変更
  • 標準

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. イベント案内

イベント案内

令和6年4月6日(土曜日)宝塚好奇心クラブ「はじめての断捨離 ~断捨離で住まいも心もすっきり~」を開催します(中央図書館)

関西初の「やましたひでこ公認断捨離トレーナー」の丸山ゆり氏による断捨離入門。
断捨離でお部屋と心をすっきりとさせ、新生活をごきげんにスタートしましょう!

講師:丸山ゆり氏(やましたひでこ公認断捨離トレーナー) 
場所:中央図書館2階集会室
日時:令和6年4月6日(土曜日)午前10時から12時
定員:先着70名(申し込み要)
申込方法:3月1日(金曜日)から3月17日(日曜日)の開館時間内に、中央図書館カウンター、または、お電話(0797-84-6121)でお申し込みください。
 

2月26日(月曜日)「手話で楽しむ絵本の世界」を開催します(中央図書館)

「手話で楽しむ絵本の世界」には、子どもたちだけでなく、大人のろう者の皆さん、手話に興味のある方、手話で絵本を読んでみたい方など、どなたでも参加していただけます。手話に親しみ、絵本に触れ、絵本のおもしろさを皆さんとご一緒に感じられるような、楽しい時間にしたいと思っています。
まず、絵本を手話を楽しんで(30分~40分)、休憩後に絵本や手話をテーマにお話をします。みなさん、どうぞお越しください。
  場所:中央図書館2階集会室
  日時:令和6年2月26日(月曜日)午後2時から午後3時30分まで(開場:午後1時45分)
  詳しくはこちら(宝塚市ホームページ)をご覧ください。

    

子育て応援!図書館利用のための託児サービス(西図書館)

西図書館では、幼い子どもを育てている利用者の方が、気軽に安心して、ゆっくり本を選んだり、楽しんだりできるように、 託児サービスを実施します。図書館で、ひととき、自分の読書時間を過ごしてみませんか。
「子どもが小さいので無理」と、今まで利用しなかった方の子連れ図書館デビューにもご活用ください。
毎月2回継続的に実施しています。
対象:市内在住の満1歳~就学前の子どもとその保護者
料金:無料 ※託児は子育てサポーターが行います。
*3月から託児サービスの申し込み方法が変わります!*
当日先着順。各枠(40分~60分)4名まで。
※事前の電話や窓口での予約は不要です。
※利用する保護者の図書館利用券の提示が必要です。未登録の方は事前に登録をお願いします。
当日でも登録できますが、事前に登録を済ませていただいた方が当日スムーズに託児を行うことができます。
日時:3月8日(金曜日)、3月15日(金曜日)
    10:00~11:00 / 11:00~12:00

   ※受付時間は各枠の15分前からです。図書館貸出カウンターにお越しください。
   ※9時45分の受付開始時点で定員を超える場合は下記3枠に変更する可能性があります。
   3月8日(金曜日)、3月15日(金曜日)
    10:00~10:40 / 10: 40~11:20/ 11:20~12:00

それでも定員を超えて託児をご利用いただけない場合は、「おはなしのへや」で図書館職員によるちょっとしたサプライズイベントを開催します。「せっかく来たのに残念…」とはならないようにしたいと思いますのでお気軽にお越しください!
   
託児場所:西図書館 1階 集会室
お問い合わせ:西図書館 0797-77-1222
 

                                 

12月17日(日曜日)「絵本で楽しむ手話の世界」を開催します(西図書館)

2021絵本で楽しむ手話の世界

手話に親しんでみましょう。絵本を通して、ろう者の方から手話を教えてもらいます。手話を知らない方でも、だんだんわかるようになります。身振りや手話でろう者の方とコミュニケーションしてみましょう。
子どもから大人までどなたでも、この機会に手話に出会ってみませんか。
場所:西図書館 集会室
日時:令和5年12月17日(日曜日)午前10時から午前11時まで
詳しくはこちら(宝塚市ホームページ)をご覧ください。

        

「みんなのたからづかマチ文庫」今年度も作品を募集しています!

昨年度に引き続き、あなたの「宝塚」への思いを込めた1冊を作るプロジェクト、
「みんなのたからづかマチ文庫」を実施します。
あなたの宝塚への思いを手作りの本にしていただき、図書館の資料として保存、公開します。
応募資格は15歳以上で宝塚の町が好きな人ならどなたでも。
たくさんのご参加お待ちしています。

※マチ文庫作品は中央図書館(聖光文庫)、西図書館(カウンター前)でいつでも
 ご覧いただけます。一部の作品については貸出用もあります。

                 

先頭に戻る