• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色変更
  • 標準

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. イベント案内

イベント案内

第8回宝塚市立図書館読書講演会 五木寛之講演会「本と人生」を開催します

五木寛之氏近影
日時 : 平成31年3月2日(土) 午後2時開演
      午後1時30分開場・午後4時終了予定
会場 : 宝塚ベガ・ホール (阪急宝塚線清荒神駅下車すぐ/中央図書館隣り)
      入場無料 定員350名 (事前申込み要)
      手話通訳・要約筆記・一時保育あり(1歳から就学前まで・若干名)

講師 : 五木寛之
《講師略歴》
1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。1966年、『さらばモスクワ 愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、『青春の門』で吉川英治文学賞を受ける。2002年度第 50回菊池寛賞、2010年、NHK放送文化賞、第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。 代表作に『風に吹かれて』『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『蓮如』『風の王国』『大河の一滴』『TARIKI』『親鸞』(全6巻)などがある。

申込方法 =申込受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうがざいました。=
        ※応募総数は3,249枚で、定員を超過しましたので、抽選となります。
        ※抽選の結果については、本日より葉書の返送をもってお知らせいたします。

 往復はがき(62円往復はがき)に下記の必要事項をご記入の上、郵送してください。
 ※返信用のはがき(62円)のみ中央図書館、西図書館に持参していただいてもかまいません。
 ※今回ははがき1枚につき1名の受付とします。
 【往信用宛名面】 〒665-0836 宝塚市清荒神1丁目2-18
             宝塚市立中央図書館 読書講演会係
 【往信用裏面】   ・氏名(ふりがな) ・電話番号
             ・一時保育希望の人は子どもの年齢(1歳から就学前まで・若干名) 
 【返信用宛名面】  ご自分の郵便番号・住所・氏名
 【返信用裏面】   この面には何も記入しないでください
《受付期間》 平成31年1月25日(金)~2月15日(金)〔必着〕
 定員350名。申込み多数の場合は抽選とし、可否を返信はがきでお知らせします。
 ※お返ししたはがきが入場証になります。当日は必ずお持ちください。

  ⇒五木寛之講演会「本と人生」ちらし(PDF:642KB)



  

マチ文庫講座 2018「 あの人に聞く宝塚の町のはなし 第2回 生まれも育ちも植木の町」を開催しました(中央図書館)

❏日時/場所 12月24日(月曜日/振替休日) 13時30分~15時
       中央図書館 2階集会室 申込不要 先着順・定員約50名

あの人に聞く宝塚の町のはなし 第2回 生まれも育ちも植木の町
「植木の町」山本から、陽春園植物場の野里元治さんにお越しいただき、今は懐かしい失われた地域の風景や、時代とともに変化してきた植木産業について伺いました。
聞き手は、同じく山本生まれ山本育ちの劇作家・西史夏さん。
(写真は27歳頃、アメリカ留学中の野里さん)

出演者紹介
野里元治さん((株)陽春園植物場)《ゲスト》
1941年、宝塚市山本生まれ。1963年、関西学院大学卒業と同時に、家業である陽春園植物場に入園。 1967年より、アメリカ・シカゴのヒルズナーセリーで約1年間植木の生産について学び、その後世界一周の旅に出る。 帰国後、家業を継ぐ。現在は、陽春園代表取締役会長。総合園芸組合会長。宝塚市花き園芸協会会長。
西史夏さん(劇作家・脚本家)《聞き手》
1975年、宝塚市山本生まれ。県立宝塚北高等学校卒。大阪音楽大学卒。第1回こうのとり短編戯曲賞最優秀賞(2014)、 第2回せんだい短編戯曲賞大賞(2014)、日本の劇戯曲賞(2015)をそれぞれ受賞。

「みんなのたからづかマチ文庫」
皆さんの「宝塚」への思いを込めた1冊を、図書館に所蔵し、公開し、次代に伝えていくプロジェクト「みんなのたからづかマチ文庫」。 個人の視点で切り取った「宝塚」のまちの魅力や歴史、まちへの思いなどを1冊の本にまとめていただき、図書館の蔵書として未来へ伝えていきます。 プロデューサーは雲雀丘在住の編集者、岩淵拓郎さん。

申込不要 直接会場にお越しください
「マチ文庫講座 2018 あの人に聞く宝塚の町のはなし 第3回」は3月の開催を予定しています。
マチ文庫のイベントは、全て参加自由です。参加したからといって、必ずマチ文庫を作らなければならないというようなものではありませんので、興味をお持ちの方、 ちょっとだけ気になっている方… 皆さま気軽にお立ち寄りください。

⇒ facebook「みんなのたからづかマチ文庫」(外部リンク)

                                                                                                                

先頭に戻る