西図書館

西図書館紹介


<西図書館全景>

阪急小林駅改札を出て、逆瀬川方面に少し戻ると、宝塚市立西公民館・西図書館の建物が見えてきます。市立フラワーガーデン前に建つ4階建てのこの建物は、平成6年に開館したもので、玄関前には芝生とベンチがあり、シンボルツリーである「おおきな木」が植えられています。正面入口を入ると、公民館受付。左手が図書館入り口です。
建物は傾斜地に建てられており、正面受付のある階が2階になります。図書館は建物の2階と1階の北側、玄関を入って左側です。2階、1階の南側と3、4階には西公民館が入っています。
この階(2階)に、一般開架コーナーや児童コーナーなど図書館の主要部分があり、カウンターで貸出、返却や、予約、利用券の受付といった中心的な業務を行っています。
調査相談コーナーには辞書や事典、郷土や行政に関する資料を集めており、質問にもお答えしています。席数は8席です。図書館の資料を使った調べ物にご利用ください。インターネットに接続して調べ物をしていただける端末も設置しています。(2台)
視聴覚コーナーではレーザーディスク(映画など)とCD(音楽など)を鑑賞していただけます。 また、約150誌の雑誌や、新聞をくつろいだ雰囲気で閲覧していただけるソファーを備えています。

西図書館のひとつの特色として「児童サービスの充実」を掲げています。児童コーナーには赤ちゃんから小学生向きの本や雑誌、紙しばいなどを揃えています。また、児童コーナー奥には「おはなしのへや」があり、毎土曜日に「おはなし会」が行われています。普段は、靴を脱いでリラックスして絵本などを楽しめるようになっています。
階下(1階)には集会室があります。児童向きのいろいろな行事のほか、映画の上映会など大人の方向けの行事も企画しておりますので、ぜひご参加ください。日程は行事カレンダーで、ご確認ください。
そのほか1階には書庫を備えており、収納された本や新聞はカウンターでご請求くだされば閲覧、貸出にご利用いただけます。
全体の規模は中央図書館よりも小さいものの、活気ある西図書館をご利用ください。

    宝塚市立西図書館開架室    宝塚市立西図書館展示コーナー

ページの先頭へ

開館時間と休館日

◆一般開架コーナー  10:00〜18:00
    ※ただし、金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
◆児童コーナー     10:00〜18:00(コーナー内での閲覧は17:00まで)
    ※ただし、金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
◆調査相談コーナー  10:00〜17:45
◆視聴覚コーナー    10:00〜17:00

■休館日 毎週水曜日
       館内整理日:毎月1日(1月は4日)、毎月1日・1月4日が水曜日の場合は翌日
       年末年始:12月29日〜1月3日
       特別整理期間:2月〜3月の内の10日〜2週間

そのほかにも、臨時で休館する場合があります。詳しくは、図書館カレンダーをごらんください。

ページの先頭へ

所在地・電話番号・地図

〒665−0034
 宝塚市小林2丁目7番30号 阪急小林駅北東へ徒歩3分
 TEL:0797−77−1222

◆駐車場
第1駐車場(図書館1階)建物の東側(旧県道側)入口 27台/第2駐車場(図書館玄関正面・フラワーガーデン横)20台/第3駐車場(図書館南側・小林派出所向かい) 16台 ※全て西公民館との共用

地図

Googleマップ

ページの先頭へ

館内のご案内

一般開架コーナー

中学生以上を対象とした教養書・実用書・小説等の閲覧と貸出をしています。

宝塚市立西図書館調査相談コーナー
●調査相談コーナー (写真・上→)
百科事典・辞書・年鑑などの参考図書や郷土についての資料、行政資料を備えています。
日常生活での知りたいことや調べたいことにお役立てください。
職員も、調べもののお手伝いをいたします。お気軽にお尋ねください。
(注・この部屋の資料の貸出はできません)
また、当図書館の図書の閲覧・コピーにもご利用ください。

●新聞コーナー
毎日の新聞(朝日、神戸、サンケイ、日本経済、毎日、読売、日刊スポーツ、ヘラルド(International Herald Tribune)/英字紙)と、1カ月分の新聞を置いています。1カ月以上前の新聞(1年分)は書庫にあります。

宝塚市立西図書館視聴覚コーナー
●視聴覚コーナー (写真・中→)
当館に所蔵の映像・音楽資料を視聴できます。(注・資料の持込・貸出はできません)
LD・DVD・CDを置いています。
クラシック等の音楽CD、洋画・邦画・アニメ等をお楽しみいただけます。

●対面朗読室
視覚に障がいをお持ちの方に朗読を行っています(図書館の本以外でも可能です)
ご希望の方は、事前に図書館までお問い合わせください。
詳しくは図書館の利用に障がいをお持ちの方へのサービスページをごらんください。

●集会室
「みんなであそぼ!ぷち」や「2歳からのみんなであそぼ!」、LD上映会などの行事やボランティア養成講座を定期的に行っています。
また、ストーリー・テリングや朗読等の研究会・例会を定期的に行っています。 日程は行事カレンダー、内容は行事案内でご紹介しています。または、毎月の図書館だより、広報等でごらんください。

児童コーナー

幼児・小学生の知識の本・絵本・読み物・紙芝居等の閲覧と貸出をしています。
お子さん向けの小さな椅子やテーブルで、ゆっくり絵本などを読んでいただけます。 (写真・下左)

●おはなしのへや (写真・下右)
くつをぬいで、はいってください。くつろいで読書をたのしんでいただく部屋です。大きな大きな絵本="ビッグブック"や"布のえほん"も置いています。
 おはなし会やえほんのへやなどの行事も、この部屋で行います。


    宝塚市立西図書館児童室    宝塚市立西図書館おはなしのへや

ページの先頭へ

西図書館だより

 

本の展示 「心ゆたかに生涯読書」  −平成26年9月2日〜15日−

          「本を読むと若くなる」 といわれます。
          読書が心の健康に役立つからです。
          本を読むことが、頭の体操になるからです。
          「本を読むと美しくなる」 ともいわれます。
          すぐれた本といっしょに呼吸し、
          心を豊かに働かせている人は、
          自然に目の輝きがまして、
          自信のある顔立ちになるのでしょう。
                                  「敬老の日読書のすすめ 心ゆたかに生涯読書」
                                    (社団法人読書推進運動協議会 発行)より

9月15日は敬老の日です。高齢者をはじめ、子ども、目が見えない人・見えにくい人、視覚以外の障がいのある人、全ての人に読書を楽しむ権利はあります。図書館では、通常の本のほか、大きな活字の「大活字本」や、聴いて楽しむ「朗読CD」、視覚障がい者用の「録音図書」、「点字図書」などを用意して皆さまのご利用をお待ちしています。また、ご自身の障がいや、介護・育児(1歳以下)等のため来館できない方を対象に、無料で図書を郵送するサービスも行っています。
前半は猛暑、後半は豪雨が猛威をふるった今年の夏も、あと少し。まもなく読書に最適な季節が巡ってきます。西図書館でご自分のための1冊を見つけ、「生涯読書」をお楽しみください。
「敬老の日読書のすすめ 心ゆたかに生涯読書」は、社団法人読書推進運動協議会が継続的に行う活動の一つです。毎年「敬老の日に薦める本」20数点を選定したリーフレットを制作し、全国の公共図書館・書店等に配布しています。西図書館では、ここ数年の間に選定された本を中心に、9月2日(火)から15日(月)まで、「心ゆたかに生涯読書」と題して本の展示を行います。どうぞご利用ください。

 

西図書館が所蔵する音楽CDの貸出を開始しました −平成26年7月−

7月3日から西図書館が所蔵する音楽CDの貸出を開始しました。内容はクラシックやジャズ、日本の歌謡曲、ポピュラー音楽から、落語や宝塚歌劇など音楽以外のものも含めて約3000点です。CD架は、西図書館視聴覚コーナー受付前にあります。ご希望のものを選んでカウンターへお持ちください。お一人10点までお借りいただけます。ただし、図書などの貸出し冊数10冊に含まれますのでご注意ください。貸出期間は図書と同じ2週間です。予約や貸出の延長、他館からの取寄せもできます。
また、館内に在庫があるものについては、従来どおり館内での視聴ができます。

 

西図書館、コーナーの移動と新設のお知らせ −平成26年7月−

西図書館、一般開架室に新しい書架が入りました。西側壁面の柱周りと「音楽」と「スポーツ」の間の柱周りの2箇所です。これに伴い、西側壁面は全集のコーナーが少し横に移動し、出版量に対して手狭になっていた文庫コーナーを拡張、「コンピュータ」コーナーも新設書架へ移動・拡張しました。元のコンピュータコーナーの場所へは「障がい者関係図書」コーナーが移動し、空いたスペースに「大活字図書」コーナーを拡張しました。また、今年100周年を迎えた宝塚歌劇と、宝塚市に縁の深い手塚治虫さんの関連図書とまんが作品以外の著作を集めたコーナーを新設しました。
その他、利用の多い囲碁・将棋のコーナーを拡張するなど、今月より貸出を開始する音楽CDコーナーの新設も併せて、より便利で利用しやすい、図書館を目指しますので、ご利用のほどよろしくお願いいたします。


 

身近な自然で見られる昆虫展を開催しました −平成26年8月21日〜24日−

宝塚は、宝塚歌劇の街、手塚治虫さんの育った街として知られる、文化の街であると同時に、その手塚治虫さんを魅了した多様な昆虫が棲息する自然の豊かな街でもあります。
西図書館・西公民館の開館20周年を記念し、この宝塚の豊かな自然をテーマに、「兵庫県立人と自然の博物館」との共催で、「身近な自然で見られる昆虫展」を開催しました。
この催しでは、西公民館ホールにおいて「人と自然の博物館」の収蔵する昆虫標本や模型などを展示するとともに、自然と親しむさまざまなイベントを開催、同博物館の移動博物館車「ゆめはく号」もやってきました。
また、期間中、西図書館では、ティラノサウルス(頭部化石 原寸大複製標本)が皆さんをお出迎えしました!

《展示》

身近な自然で見られる昆虫展

「昆虫」をテーマに西公民館のホールいっぱいに、標本や模型などの収蔵品を展示するミニ博物館。
 ○ 平成26年8月21日(木)〜24日(日)  場所:西公民館ホール
             21日(木)午後1時  〜 午後5時
             22日(金)午前10時 〜 午後5時
             23日(土)午前10時 〜 午後5時
             24日(日)午前10時 〜 午後4時


移動博物館「ゆめはく」

「ゆめはく号」は2トントラックに展示品を満載してやってくる「人と自然の博物館」の移動博物館です。移動図書館すみれ号と同じように、車内も展示スペースになっています。
今回は、「人と自然の博物館」の多種多様な収蔵品の中から、「世界の昆虫」を紹介。
 ○ 8月21日(木)、22日(金)午前11時〜午後4時  場所:西公民館前広場


《イベント》

サイエンスカフェ「昆虫から読み解く宝塚の自然」

「手塚治虫コレクション」をはじめ、過去に宝塚でみられた貴重な昆虫や自然の特徴について解説。神戸女学院大学の遠藤知二教授他を講師に迎えて、一般の方にも分かりやすい内容のトークイベント。
 ○ 8月22日(金)午後6時〜7時45分  場所:西公民館ホール
 ○ 定員約40名(申込み不要)


実演!昆虫標本づくり

手軽に手に入る簡単な道具をつかっての昆虫標本づくり。
 ○ 8月23日(土)午前10時〜午後3時(随時)  場所:西公民館ホール内
 ○ 定員なし(申込み不要)


プラスティック封入標本をつくろう

透明なプラスティック樹脂のなかに昆虫の標本を封じ込めた標本を作成。
 ○ 8月23日(土)午前11時〜午後4時(昼食休憩あり)  場所:西公民館前広場
 ○ 定員20名(事前申込み要・先着順)


逆瀬川の水生昆虫観察会

逆瀬川で水生昆虫の採集と観察。
 ○ 8月24日(日)午前10時〜午後12時30分  場所:西公民館前広場、双瀬橋付近(野上第2公園)
 ○ 定員50名(事前申込み要・先着順)
 ○ 雨天中止。



「わたしのマチオモイ帖 in 宝塚」展を開催しました  −平成26年6月−

わたしのマチオモイ帖 自分の身の周りの家族や友だち、地域とのつながりなど、自分を育んできた大切なものをあらためて見つめ直す………
マチオモイ帖は、日本全国のデザイナー、写真家、イラストレーター、映像作家、コピーライター、編集者などのクリエイターが、自分にとって大切な町、ふるさとの町、学生時代を過ごした町、今暮らす町などへの思いを、小冊子や映像にして紹介するものです。
2011年(平成23年)に瀬戸内海の小さな島の町を紹介する一冊として生まれた、マチオモイ帖の波紋は、その後、全国の「マチ」へと広がり、今では、約800点のマチオモイ帖が制作されています。
今回、宝塚市制60周年及び宝塚市立西図書館開館20周年を記念して開催する「わたしのマチオモイ帖 in 宝塚」展では、これら約800点の「マチオモイ帖」の中から、宝塚と阪神地域のものを中心とした、約300点を借り受けて展示し、ご来館の皆様にご覧いただきました。


「わたしのマチオモイ帖 in 宝塚」 展

 ・会期 6月2日(月)〜6月15日(日) 午前10時〜午後5時
 ・会場 西図書館 2階カウンター前 特設コーナーと 1階 集会室
 ・内容 兵庫県、大阪府、広島県、沖縄県、東北6県のマチオモイ帖、約300点を展示。
      自由に手に取ってお楽しみいただきました。
      会期半ばに展示の約半数を入替え、展示作品は約200点でした。


今、自分のオモイのある大切な町を、自分だけの視点で表現することを通して、今まで何もないと思っていた町に眠る無数の価値や、人とのつながりがみえてきます。
「まちおこし」は一朝一夕にはできませんが、「マチを思う」ことは誰にだってできます。この「わたしのマチオモイ帖」の活動の理念に併せて、期間中に2つの参加型イベントを開催しました。

トークイベント 「まちおこしはできなくてもマチオモイはできる」

 「わたしのマチオモイ帖」に参加するクリエイターの皆さんに「マチオモイ帖」について、「マチを思う」ことについて語っていただきました。
 ・6月8日(日) 午後2時〜3時30分
 ・西図書館 1階 集会室
 ・参加無料 申込不要(先着順 定員20名程度


ワークショップ 「あなたもマチオモイしてみませんか?」

 「マチオモイ帖」の制作者を講師に迎え、宝塚の「マチオモイマップ」を作成しました。
 ・6月14日(土) 午後1時〜2時30分
 ・西公民館 セミナー室から西図書館 集会室に会場を変更して行いました。
 ・参加無料 申込要(先着順 定員10名)
   申込み受付:6月2日(月)〜13日(金)休館日を除く午前10時〜午後5時


◇共催:わたしのマチオモイ帖製作委員会
  協力:クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
     宝塚映画祭実行委員会


今年も開館しました! 「山の図書館」  −平成26年5月31日−

山の図書館 1日だけ開館する山の図書館「甲山山頂図書館」。去る5月31日の土曜日、今年は甲山を離れ、その北西に位置する社家郷山に開館しました。
今回も、好天にめぐまれ、参加していただいた皆さんには、テントの図書館で本を借りたり、ブックトーク(本の紹介)を聞いたり、ハンモックで読書したり、登山ガイドさんといっしょに遊んだり…。 山と親しむ遊びを満喫していただきました。


西図書館・西公民館外壁改修工事 終了のお知らせ

建設から20年が経過した西図書館・西公民館では、外壁調査の結果、タイルの浮きや亀裂が多数みられ、地震等の自然災害発生時にはがれ落ちる危険性が指摘されました。このため、1月〜3月の工期で、外壁改修工事を行ないました。
期間中、利用者の皆様には、騒音や振動など、ご不便・ご迷惑をおかけしましたが、全ての工程が無事終了いたしました。ご理解とご協力、ありがとうございました。


ぬいぐるみの図書館おとまり会  −12月14日(土)−

平成22年12月の第1回以来、ご好評をいただいている行事「ぬいぐるみの図書館おとまり会」を、今年も12月14日(土)に開催しました。

ぬいぐるみの図書館おとまり会「あなたのおともだちのぬいぐるみ、お人形を図書館にお泊りさせてみませんか?ぬいぐるみと一緒におはなし会を楽しんだ後、ぬいぐるみだけ図書館でお泊りします。閉館後の図書館でぬいぐるみが探検する様子を写した写真を翌日プレゼントします。また、ぬいぐるみが読んだ絵本も紹介、貸出します。」

今年も、たくさんの子どもたちとぬいぐるみの皆さんにご参加いただきました。

参加いただいた皆様へプレゼントした写真の一部をこのページでも紹介いたします。

◆これまでに開催した3回の、ぬいぐるみたちの楽しい写真の一部を、ご紹介します。

☆ この他にも西図書館からのお知らせやご報告があります
             →「web版・西図書館だより」のページをご覧ください。


西図書館だより おおきな木

西図書館だより「おおきな木」は毎月1日発行、図書館からのお知らせや休館日カレンダー、行事案内などを掲載しています。西図書館のほか、中央図書館、市内の公共施設にも置いています。

おおきな木 平成23年10月号