西図書館

西図書館紹介


<西図書館全景>

阪急小林駅改札を出て、逆瀬川方面に少し戻ると、宝塚市立西公民館・西図書館の建物が見えてきます。市立フラワーガーデン前に建つ4階建てのこの建物は、平成6年に開館したもので、玄関前には芝生とベンチがあり、シンボルツリーである「おおきな木」が植えられています。正面入口を入ると、公民館受付。左手が図書館入り口です。
建物は傾斜地に建てられており、正面受付のある階が2階になります。図書館は建物の2階と1階の北側、玄関を入って左側です。2階、1階の南側と3、4階には西公民館が入っています。
この階(2階)に、一般開架コーナーや児童コーナーなど図書館の主要部分があり、カウンターで貸出、返却や、予約、利用券の受付といった中心的な業務を行っています。
調査相談コーナーには辞書や事典、郷土や行政に関する資料を集めており、質問にもお答えしています。席数は8席です。図書館の資料を使った調べ物にご利用ください。インターネットに接続して調べ物をしていただける端末も設置しています。(2台)
視聴覚コーナーではレーザーディスク(映画など)とCD(音楽など)を鑑賞していただけます。 また、約150誌の雑誌や、新聞をくつろいだ雰囲気で閲覧していただけるソファーを備えています。

西図書館のひとつの特色として「児童サービスの充実」を掲げています。児童コーナーには赤ちゃんから小学生向きの本や雑誌、紙しばいなどを揃えています。また、児童コーナー奥には「おはなしのへや」があり、毎土曜日に「おはなし会」が行われています。普段は、靴を脱いでリラックスして絵本などを楽しめるようになっています。
階下(1階)には集会室があります。児童向きのいろいろな行事のほか、映画の上映会など大人の方向けの行事も企画しておりますので、ぜひご参加ください。日程は行事カレンダーで、ご確認ください。
そのほか1階には書庫を備えており、収納された本や新聞はカウンターでご請求くだされば閲覧、貸出にご利用いただけます。
全体の規模は中央図書館よりも小さいものの、活気ある西図書館をご利用ください。

    宝塚市立西図書館開架室    宝塚市立西図書館展示コーナー

ページの先頭へ

開館時間と休館日

◆一般開架コーナー  10:00〜18:00
    ※ただし、金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
◆児童コーナー     10:00〜18:00(コーナー内での閲覧は17:00まで)
    ※ただし、金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
◆調査相談コーナー  10:00〜17:45
◆視聴覚コーナー    10:00〜17:00

■休館日 毎週水曜日
       館内整理日:毎月1日(1月は4日)、毎月1日・1月4日が水曜日の場合は翌日
       年末年始:12月29日〜1月3日
       特別整理期間:2月〜3月の内の10日〜2週間

そのほかにも、臨時で休館する場合があります。詳しくは、図書館カレンダーをごらんください。

ページの先頭へ

所在地・電話番号・地図

〒665−0034
 宝塚市小林2丁目7番30号 阪急小林駅北東へ徒歩3分
 TEL:0797−77−1222

◆駐車場
駐車場《1》:図書館1階・建物の東側(旧県道側)入口 27台
駐車場《2》:図書館玄関正面・フラワーガーデン横 20台
駐車場《3》:図書館南側・小林派出所向かい 16台    ※全て西公民館との共用

地図

Googleマップ

ページの先頭へ

館内のご案内

一般開架コーナー

中学生以上を対象とした教養書・実用書・小説等の閲覧と貸出をしています。

宝塚市立西図書館調査相談コーナー
●調査相談コーナー (写真・上→)
百科事典・辞書・年鑑などの参考図書や郷土についての資料、行政資料を備えています。
日常生活での知りたいことや調べたいことにお役立てください。
職員も、調べもののお手伝いをいたします。お気軽にお尋ねください。
(注・この部屋の資料の貸出はできません)
また、当図書館の図書の閲覧・コピーにもご利用ください。

●新聞コーナー
毎日の新聞(朝日、神戸、サンケイ、日本経済、毎日、読売、日刊スポーツ、ヘラルド(International Herald Tribune)/英字紙)と、1カ月分の新聞を置いています。1カ月以上前の新聞(1年分)は書庫にあります。

宝塚市立西図書館視聴覚コーナー
●視聴覚コーナー (写真・中→)
当館に所蔵の映像・音楽資料を視聴できます。(注・資料の持込・貸出はできません)
LD・DVD・CDを置いています。
クラシック等の音楽CD、洋画・邦画・アニメ等をお楽しみいただけます。

●対面朗読室
視覚に障がいをお持ちの方に朗読を行っています(図書館の本以外でも可能です)
ご希望の方は、事前に図書館までお問い合わせください。
詳しくは図書館の利用に障がいをお持ちの方へのサービスページをごらんください。

●集会室
「みんなであそぼ!ぷち」や「2歳からのみんなであそぼ!」、LD上映会などの行事やボランティア養成講座を定期的に行っています。
また、ストーリー・テリングや朗読等の研究会・例会を定期的に行っています。 日程は行事カレンダー、内容は行事案内でご紹介しています。または、毎月の図書館だより、広報等でごらんください。

児童コーナー

幼児・小学生の知識の本・絵本・読み物・紙芝居等の閲覧と貸出をしています。
お子さん向けの小さな椅子やテーブルで、ゆっくり絵本などを読んでいただけます。 (写真・下左)

●おはなしのへや (写真・下右)
くつをぬいで、はいってください。くつろいで読書をたのしんでいただく部屋です。大きな大きな絵本="ビッグブック"や"布のえほん"も置いています。
 おはなし会やえほんのへやなどの行事も、この部屋で行います。


    宝塚市立西図書館児童室    宝塚市立西図書館おはなしのへや

ページの先頭へ

西図書館だより

 

西公民館・西図書館の駐車場について

関西電力(株)による第3駐車場(旧県道沿い、小林交番の向かい)内への鉄塔建設工事に伴い、平成29年5月末まで(予定)、第3駐車場を閉鎖します。なお、この期間中、第2駐車場(正面駐車場)の西側に、臨時の代替駐車場を設けます。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。






















※地図はクリックすると拡大できます。


 

「テントショカン at あおぞらげきじょう」


図書館が「あおぞらげきじょう」に参加します!
花のみち・さくら橋公園 あおぞらげきじょう会場内に、テントの図書館「テントショカン」を開設します。
本の貸出のほか、リサイクル図書の配布なども行ないます。
次回は 1月14日(土)午前10時〜午後0時30分 です。


 

みんなのたからづかマチ文庫「マチ文庫をつくるための講座」

あなたの「宝塚」への思いを込めた1冊を、図書館に所蔵し、公開し、次代に伝えていくプロジェクト「みんなの たからづか マチ文庫」。個人の視点で切り取った「宝塚」のまちの魅力や歴史、自分のまちへの思いなどを1冊の本にまとめていただき、図書館の蔵書として未来へ伝えていきます。この自分で作る小さな本「たからづかマチ文庫」を作るための入門講座全5回を、7月から中央図書館と西図書館で開催します。

みんなのたからづかマチ文庫「マチ文庫をつくるための講座」(全5回のプログラム)
  第1回 (7月)  どんなマチ文庫を作るか考える
  第2回 (9月)  興味のあることを調べる
  第3回(11月) 写真を使って伝える
  第4回(12月) わかりやすくデザインする
  第5回 (1月)  製本する
○全5回で、本が1冊出来上がるプログラムです。(ワークショップではありません)
○中央図書館と西図書館で各1回、同じ内容で行います。
○講師は、主に市内在住のそれぞれの分野の専門家です。

「マチ文庫をつくるための講座」 第5回 「製本する」

  日程  1月21日(土)午後2時〜3時 西図書館  集会室 
      ■鰻遑横稿(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室
第5回の講師は、手作り本ZINEの専門家で、昨年の「マチ文庫」制作のための相談会(ミーティング)でも指導、アドバイスをしていただいた藤田理代さんです。

○無料。定員各回15名程度(先着順)。
○申込み 1月6日(金)午前10時から1月28日(土)午後6時まで
     直接、各図書館か、電話で(西図書館 0797-77-1222 中央図書館 0797-84-6121)
     メール(nishi@library.takarazuka.hyogo.jp)でも受け付けます。



「マチ文庫をつくるための講座」 第4回 「わかりやすくデザインする」

  ※第4回については、西図書館での日程は終了しましたが、
    同じ内容で、1月29日(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室
    でも実施します。見逃された方は、こちらにご参加ください。
第4回の講師は、企業の会報誌からお笑いエンターテインメント雑誌、ポスター、パッケージまでデザインするグラフィックデザイナー和田匡弘さんです。


☆小林や清荒神など自分の住んでいる町、あるいは宝爐悗了廚い呂△佞譴襪曚瓢っているけれど、どう表現すればいいのかわからない、どんなふうに形にすればいいのかわからないという方は、ぜひご参加ください。今現在の街の姿を、記憶の中にある少し昔の町の姿を、後世に伝えていく「本」、「マチ文庫」を一緒に作りましょう。
☆今回作る本のテーマは「マチ文庫」ですが、講座で学ぶ「自分の本の作り方」は自分史や家族史、趣味の本などいろいろな本作りに応用できます。この機会に上手な「手作り本の作り方」をぜひマスターしてください。また、受講したら必ずマチ文庫を作らないといけないというものではありませんので、気軽に参加してみてください。


「マチ文庫をつくるための講座」〜自分の本を作る入門講座〜 全日程

みんなのたからづかマチ文庫

第1回 (7月)  どんなマチ文庫を作るか考える =終了しました=
          講師 岩淵拓郎さん
            7月16日(土)午後2時〜3時 西図書館  集会室
            7月17日(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室

第2回 (9月)  興味のあることを調べる =終了しました=
          講師 研究者 定藤博子さん
            9月24日(土)午後2時〜3時 西図書館  集会室
            9月25日(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室


第3回(11月) 写真を使って伝える =終了しました=
          講師 PHOTOteraco 林敦子さん
            11月12日(土)午後2時〜3時 西図書館  集会室
            11月20日(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室

第4回(12月) わかりやすくデザインする
          講師 デザイナー 和田匡弘さん
            12月3日(土)午後2時〜3時 西図書館  集会室
            12月18日(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室

第5回 (1月)  製本する
          講師 ZINE作家 藤田理代さん
            1月21日(土)午後2時〜3時 西図書館  集会室
            1月29日(日)午後2時〜3時 中央図書館 研修室

 

「みんなのたからづかマチ文庫2016」 あなたが作る「宝塚」の本を募集します。

あなたの「宝塚」への思いを形にしてみませんか?


みんなのたからづかマチ文庫 あなたの「宝塚」への「思い」を1冊の本(冊子)にして、図書館においてみませんか?
図書館では、あなたが作る「宝塚」に関する本を図書館の蔵書として募集します。

あなたが今住んでいる町のこと、あなたしか知らない小さな歴史、長年にわたって撮りためた写真、研究成果、残しておきたい記憶、小さな神社やお寺、今はもうない場所のこと…。宝塚に関することならば、テーマは何でもかまいません。
ほかの誰にもできない、あなただけの「宝塚」を本の形にして、ぜひお寄せください。

本にする自信がない、という人も、図書館で行う相談会(「マチ文庫を作ってみたい人ミーティング」)にご参加してください。あなたの思いを形にするお手伝いをします。

そして、皆さんの1冊1冊を集めて出来上がるのが『みんなのたからづかマチ文庫』です。
作品は図書館の蔵書として扱い、ご利用の皆さんに館内で自由にご覧いただきます。可能なものについては、貸出もします。
宝塚のことなら、隅から隅までわからないことは何も無い、皆さんの思いがつまった「みんなのたからづかマチ文庫」に、ご参加ください。

マチ文庫展示 ○平成27年度の応募作品27冊 公開開始!
・2015年度の「マチ文庫」27冊を中央図書館と西図書館で展示しています。
ぜひ、手に取ってご覧ください。
完全手作り作品の3点以外は貸出もできます。

○募集について
・2016年度応募、作品受付開始! 6月4日(土)より
・作品受付 最終〆切 平成29年3月31日
・受付場所 宝塚市立中央図書館 西図書館 郵送可
・エントリー受付 作品受付と同じ
  ※エントリーは必ず必要ではありませんが、エントリーしていただくと、イベントのご案内や連絡事項が発生した場合に、ご連絡をいたします。エントリーされても、必ず作品制作の義務が生じるというものではありません。エントリーは電話でも受付け可。
・応募資格 宝塚の街が好きで、「宝塚」にかかわる何かに「思い」をもつ15歳以上の人

○作品の条件
・宝塚及び宝塚市内の町・事物に関連する内容であること。
・タイトルは自由ですが、読む人がわかるように地名を入れてください。
・形態として「本」であること(表紙があり、中身があること。製本の方法等は不問)
・サイズはA5版程度からA4版まで。ページ数は16ページ以上(表紙等含む)。
・著作権や肖像権、人権、プライバシーを侵害していないこと、公序良俗に反しないこと、その他図書館が不適切と判断したものについては、展示ならびに図書館への所蔵をお断りする場合があります。
・募集の詳細については、下の「みんなのたからづかマチ文庫平成28年度募集要項」(6月4日より公開)をご覧ください。

■主催 宝犹堽図書館  ■協力 メディアピクニック
■問合せ 宝犹堽西図書館 TEL0797−77−1222


 

おはなし会のためのレヴェルアップ講座を開講します

現在、子どもにストーリーテリングや絵本の読み聞かせのボランティア活動をされている方を対象に、おはなし会のためのレヴェルアップ講座 「ふくらみのあるよい語りを目指して」を開講します。
語り手と聞き手が共に楽しめ、満足できる語りができるようになることを目指します。そのために心しなければならないことを実際のおはなしや、講師の実体験に基づき考えていきます。

《講 師》 堀内 ヒデさん(富田林おはなしの会代表)
《日 時》 平成28年11月18日(金)、12月16日(金)、平成29年1月20日(金)、2月17日(金)、3月17日(金)
      時間は全て午前10時15分から正午まで。
《場 所》 西図書館集会室
《対 象》 全5回参加できる方。定員25名。応募者多数の場合は抽選。
《内 容》 講義、「おはなし」実習と講師の講評。
《申 込》 11月3日(木)午前10時から13日(日)午後6時までに、電話0797(77)1222、
      または西図書館カウンターにて受付。受講は無料です。一時保育はありません。

※詳細はこちらから→「平成28年度 おはなし会のためのレヴェルアップ講座」(PDF:83KB)

☆ この他にも西図書館からのお知らせやご報告があります
             →「web版・西図書館だより」のページをご覧ください。


西図書館だより おおきな木

西図書館だより「おおきな木」は毎月1日発行、図書館からのお知らせや休館日カレンダー、行事案内などを掲載しています。西図書館のほか、中央図書館、市内の公共施設にも置いています。

おおきな木 平成23年10月号