西図書館

西図書館紹介


<西図書館全景>

阪急小林駅改札を出て、逆瀬川方面に少し戻ると、宝塚市立西公民館・西図書館の建物が見えてきます。市立フラワーガーデン前に建つ4階建てのこの建物は、平成6年に開館したもので、玄関前には芝生とベンチがあり、シンボルツリーである「おおきな木」が植えられています。正面入口を入ると、公民館受付。左手が図書館入り口です。
建物は傾斜地に建てられており、正面受付のある階が2階になります。図書館は建物の2階と1階の北側、玄関を入って左側です。2階、1階の南側と3、4階には西公民館が入っています。
この階(2階)に、一般開架コーナーや児童コーナーなど図書館の主要部分があり、カウンターで貸出、返却や、予約、利用券の受付といった中心的な業務を行っています。
調査相談コーナーには辞書や事典、郷土や行政に関する資料を集めており、質問にもお答えしています。席数は8席です。図書館の資料を使った調べ物にご利用ください。インターネットに接続して調べ物をしていただける端末も設置しています。(2台)
視聴覚コーナーではレーザーディスク(映画など)とCD(音楽など)を鑑賞していただけます。 また、約150誌の雑誌や、新聞をくつろいだ雰囲気で閲覧していただけるソファーを備えています。

西図書館のひとつの特色として「児童サービスの充実」を掲げています。児童コーナーには赤ちゃんから小学生向きの本や雑誌、紙しばいなどを揃えています。また、児童コーナー奥には「おはなしのへや」があり、毎土曜日に「おはなし会」が行われています。普段は、靴を脱いでリラックスして絵本などを楽しめるようになっています。
階下(1階)には集会室があります。児童向きのいろいろな行事のほか、映画の上映会など大人の方向けの行事も企画しておりますので、ぜひご参加ください。日程は行事カレンダーで、ご確認ください。
そのほか1階には書庫を備えており、収納された本や新聞はカウンターでご請求くだされば閲覧、貸出にご利用いただけます。
全体の規模は中央図書館よりも小さいものの、活気ある西図書館をご利用ください。

    宝塚市立西図書館開架室    宝塚市立西図書館展示コーナー

ページの先頭へ

開館時間と休館日

◆一般開架コーナー  10:00〜18:00
    ※ただし、金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
◆児童コーナー     10:00〜18:00(コーナー内での閲覧は17:00まで)
    ※ただし、金曜日と7・8月の土曜日は19:00まで開室
◆調査相談コーナー  10:00〜17:45
◆視聴覚コーナー    10:00〜17:00

■休館日 毎週水曜日
       館内整理日:毎月1日(1月は4日)、毎月1日・1月4日が水曜日の場合は翌日
       年末年始:12月29日〜1月3日
       特別整理期間:2月〜3月の内の10日〜2週間

そのほかにも、臨時で休館する場合があります。詳しくは、図書館カレンダーをごらんください。

ページの先頭へ

所在地・電話番号・地図

〒665−0034
 宝塚市小林2丁目7番30号 阪急小林駅北東へ徒歩3分
 TEL:0797−77−1222

◆駐車場
駐車場《1》:図書館1階・建物の東側(旧県道側)入口 27台
駐車場《2》:図書館玄関正面・フラワーガーデン横 20台
駐車場《3》:図書館南側・小林派出所向かい 16台    ※全て西公民館との共用

地図

Googleマップ

ページの先頭へ

館内のご案内

一般開架コーナー

中学生以上を対象とした教養書・実用書・小説等の閲覧と貸出をしています。

宝塚市立西図書館調査相談コーナー
●調査相談コーナー (写真・上→)
百科事典・辞書・年鑑などの参考図書や郷土についての資料、行政資料を備えています。
日常生活での知りたいことや調べたいことにお役立てください。
職員も、調べもののお手伝いをいたします。お気軽にお尋ねください。
(注・この部屋の資料の貸出はできません)
また、当図書館の図書の閲覧・コピーにもご利用ください。

●新聞コーナー
毎日の新聞(朝日、神戸、サンケイ、日本経済、毎日、読売、日刊スポーツ、ヘラルド(International Herald Tribune)/英字紙)と、1カ月分の新聞を置いています。1カ月以上前の新聞(1年分)は書庫にあります。

宝塚市立西図書館視聴覚コーナー
●視聴覚コーナー (写真・中→)
当館に所蔵の映像・音楽資料を視聴できます。(注・資料の持込・貸出はできません)
LD・DVD・CDを置いています。
クラシック等の音楽CD、洋画・邦画・アニメ等をお楽しみいただけます。

●対面朗読室
視覚に障がいをお持ちの方に朗読を行っています(図書館の本以外でも可能です)
ご希望の方は、事前に図書館までお問い合わせください。
詳しくは図書館の利用に障がいをお持ちの方へのサービスページをごらんください。

●集会室
「みんなであそぼ!ぷち」や「2歳からのみんなであそぼ!」、LD上映会などの行事やボランティア養成講座を定期的に行っています。
また、ストーリー・テリングや朗読等の研究会・例会を定期的に行っています。 日程は行事カレンダー、内容は行事案内でご紹介しています。または、毎月の図書館だより、広報等でごらんください。

児童コーナー

幼児・小学生の知識の本・絵本・読み物・紙芝居等の閲覧と貸出をしています。
お子さん向けの小さな椅子やテーブルで、ゆっくり絵本などを読んでいただけます。 (写真・下左)

●おはなしのへや (写真・下右)
くつをぬいで、はいってください。くつろいで読書をたのしんでいただく部屋です。大きな大きな絵本="ビッグブック"や"布のえほん"も置いています。
 おはなし会やえほんのへやなどの行事も、この部屋で行います。


    宝塚市立西図書館児童室    宝塚市立西図書館おはなしのへや

ページの先頭へ

西図書館だより

 

7月・8月は、土曜日も夜7時まで開館します −平成27年7月−

西図書館・中央図書館は、7月から8月の夏期の期間、金曜日に加えて土曜日も夜7時まで開館します。
 ☆延長時間:午後6時〜7時の1時間
  ※ただし、館内整理日など休館日にあたる場合(西図書館8月1日)は除きます。

 ☆延長内容: 貸出・返却・予約・利用券登録などの窓口(カウンター)サービス
   ※開架室のみ、時間延長します。
   ※中央図書館の閲覧室(2階)は午後6時45分まで延長します。
   ※開架室以外の各室(調査相談室・聖光文庫・視聴覚室・集会室)は延長対象外になります。
    従来どおりの開室時間となりますので、ご注意ください。

 

夏休みは、図書館へ行こう! 〜西図書館・夏の行事〜  −平成27年7月〜8月−


今年も、また暑い夏がやってきました。西図書館では今年も、「てづくりの時間」をはじめ、「真夏の夜の図書館〜縁日バージョン〜」「迷路でオバケ屋敷大会」など、いろいろな行事を予定しています。

おまつり図書館        =2015年夏の主な特別行事=

  ○宝塚のむかしばなし 7月11日(土)
  ○調べものの達人 〜海に行く?山に行く?空を飛ぶ?〜 7月27日(月)
  ○真夏の夜の図書館〜縁日バージョン〜 8月9日(日)
  ○みんなであそぼ!小学生集まれ! 8月17日(月)
  ○てづくりの時間
迷路でオバケ屋敷    「万華鏡を作ろう!」 7月24日(金)
   「飛べ!プラコップ!」 7月31日(金)
   「クルクル回れ!8の字かざぐるま」 8月7日(金)
   「妖怪ケッケッケとダンシングフラワーを作ろう!」 8月21日(金)
  ○迷路でオバケ屋敷大会 8月29日(土)〜30日(日)
  ○3・4・5才のみんなであそぼ! 8月31日(月)

※西図書館・夏休みの児童向け行事をカレンダーにした、 『夏休みは、図書館へ行こう! 〜にしとしょかん・なつやすみぎょうじカレンダー』を館内で配布しています。

また、「なつやすみ!こんな本よんでみない?」と題して、8月31日(金)まで、夏休みの読書におすすめの子どもの本を、学年別に分けて展示・貸出しています。

 

ブックポストに雨よけの"ひさし"をつけました −平成27年6月−

雨天時のブックポスト利用のご不便を解消するため、ブックポスト上部に雨よけの"ひさし"をつけました。雨の日でも、雨を気にせずにブックポストをご利用いただけます。

 

定期休館日の予約図書貸出サービス開始のお知らせ −平成27年6月−

6月より、西図書館・中央図書館の休館日に、予約図書の受け取り(貸出)ができるようになりました。

◎貸出可能日  図書館休館日(毎週水曜日、毎月1日など)
           ※ただし、年末年始と、図書館システムメンテナンス等の特別な休館を除きます。
◎貸出可能時間    10時〜18時
◎貸出対象   西図書館・中央図書館、それぞれの館で既に受取可能になっている予約図書
◎貸出方法   西図書館ブックポスト右横のインターホンで、予約取置き図書の貸出の旨をお伝えください。
           ※予約された方の利用券を必ずご持参ください。
◎その他    休館日のため、館内へはお入りいただけません。
          貸出は予約図書のみとなります。
          その場での予約受付はできません。
          返却図書はブックポストに入れてください。

 

ご協力をお願いします。 〜新しい図書館員? ではありません。 −平成27年5月〜8月−

毎年5月から8月ごろにかけて、図書館では見なれない顔ぶれが、カウンターで本の貸出をしたり、返却された本を書架に戻したりといった作業を行うことがあります。
これは市内の中学2年生による職場体験学習「トライやるウィーク」、市内の学校の先生たちの「教員初任者研修」、市内から大阪教育大学附属池田中学校に通う3年生の「社会体験実習」、高校生のインターンシップなどで、図書館の仕事を体験・研修している皆さんです。
不慣れな点もあるかとは思いますが、ご利用の皆さまには、あたたかい目で見守ってくださいますよう、今年もよろしくお願いいたします。


 

西図書館「予約図書 時間外お渡しサービス」開始のお知らせ

=4月から、西図書館の閉館後、西公民館受付で、夜8時45分まで予約図書をお渡しします=

◎対象  西図書館を受取り場所に指定した予約図書で、既に受取可能となっているもの

◎利用時間
 ・通常開館日は午後6時から8時45分まで
 ・延長開館日(毎週金曜と7月・8月の土曜)は午後7時から8時45分まで
 ・定期休館日(毎週水曜)は午後6時から8時45分まで
  《毎月1日や年末年始など西公民館の休館日は対象外となります。》

◎利用方法
  1.西図書館の開館時間中に、電話(0797-77-1222)でご連絡ください。
  2.準備できている予約図書を紙袋に詰め、貸出手続きを済ませた状態で、西公民館受付にご用意しておきます。
  3.予約された方の図書館利用券を持参し、西公民館受付で提示してください。
  4.予約図書を袋に詰めた状態で、お渡しします。

 ☆ お仕事や都合で、図書館の開館時間に間に合わないときなどに、ご活用ください。
 ☆ 図書(雑誌・CDも可)の予約は図書館カウンターのほか、インターネットからもできます。
   また、電話でも、1回2冊程度まで(所蔵のあるもののみ)受け付けています。

 

図書館の雑誌スポンサー(広告主)を募集します! −平成26年10月より−

雑誌コーナーの写真
西図書館、中央図書館では、10月より「雑誌スポンサー制度」を開始いたします。
これは、事業者の皆様に雑誌の購入費用を負担するスポンサーになっていただき、代わりに最新号のカバーにスポンサーの広告を掲載する制度です。広告を掲載する雑誌は、図書館所蔵の約200誌の中からお選びいただきます。1年間の雑誌代の負担で、多くの方が訪れる図書館での広告が可能になるこの制度を、ぜひご活用ください。

 

ぬいぐるみのおとまり会《第6回》を開催しました  −平成26年12月13日(土)−


あなたのおともだちのぬいぐるみ、お人形を図書館にお泊りさせてみませんか?

ぬいぐるみのおとまり会 図書館が閉まった後、読みたい本をさがしたり、館内を探検したり…。
お泊りの次の日には迎えに来てください。
どんな夜をすごしたかは写真を見ながら、おともだちからたくさんおはなしを聞いてくださいね。

午後4時30分までにぬいぐるみといっしょに図書館に来てください。
いっしょに「おはなし会」を楽しんだ後、ぬいぐるみを寝かしつけます。
お迎えは翌日のお昼ごろから夜6時まで。


平成22年の第1回以来、ご好評をいただいている行事「ぬいぐるみの図書館おとまり会」を、今年も開催しました。
今年も、たくさんの子どもたちとぬいぐるみのみなさんにご参加いただきました。

◆参加してくれたみなさんにプレゼントした写真の一部で、当日の様子を紹介します!



 

大活字版「宝塚市立図書館所蔵 大活字本目録」を配布しています −平成26年9月から−

宝犹堽図書館では、中央図書館に1,122タイトル、西図書館に765タイトルの大活字本を所蔵しています。テレビなどでの受動的な情報の摂取と異なり、読書が脳に与える負荷や刺激、効能は非常に大きいと言われています。小さな字が見えにくくなっても、この大活字本などを利用して、ぜひ「生涯読書」をお楽しみください。
今回、西図書館開館20周年記念事業の一つとして、大活字版「宝犹堽図書館所蔵大活字本目録」を作成しました。字の大きさは大活字本と同じですので、全120ページに及ぶ、大きな目録になっています。9月15日より、ご希望の方にお配りしていますので、西図書館カウンターにてお申し付けください。この目録が手元にあれば、ご希望の大活字本を、来館前に電話やインターネットであらかじめ予約したり、取りよせたりすることができます。ぜひご活用ください。
大活字本は、どなたでもご利用いただけます。

☆ この他にも西図書館からのお知らせやご報告があります
             →「web版・西図書館だより」のページをご覧ください。


西図書館だより おおきな木

西図書館だより「おおきな木」は毎月1日発行、図書館からのお知らせや休館日カレンダー、行事案内などを掲載しています。西図書館のほか、中央図書館、市内の公共施設にも置いています。

おおきな木 平成23年10月号